MENU

スタッフ募集

お問合せ

透析ガイド

Guide

透析治療にかかる費用を徹底解説!助成制度と申請方法も紹介

「透析治療にかかる費用は?」

「透析治療に利用できる助成制度はある?」

透析治療を検討している方は上記の疑問を抱いているでしょう。

透析治療は長期間の治療であるため、費用の総額や自己負担額を把握する必要があります。また、医療費助成制度を活用すれば自己負担額を抑えながら透析治療が可能です。

そこで本記事では、透析治療にかかる費用について解説します。透析治療に活用できる医療費助成制度も紹介するので、必見です。

透析治療の自己負担額は基本的に1ヶ月1万円が上限

透析治療が必要な「慢性腎不全」は厚生労働省が定める「特定疾病」に分類されています。そのため、透析治療を受ける場合は「特定疾病療養受療制度」に申請して治療を受けるのが一般的です。

申請によって交付される特定疾病療養受療証を提示すれば、自己負担額は1ヶ月1万円(所得によっては2万円)が上限になります。ただし、入院時の食事代は自己負担です。

透析治療は、制度を利用せずに3割負担で治療を受けた場合、1ヶ月10万円以上の費用がかかります。年間100万円以上の出費になるので、透析治療を受ける際は、必ず医療助成制度を活用しましょう。

透析治療にかかる費用総額

ここでは透析治療にかかる費用の総額を解説します。透析治療と検査や初期費用を足した金額が費用総額です。医療助成制度を申請しないと、非常に高額な費用がかかるので、注意しましょう。治療の種類によっても異なるので、以下で詳しく解説します。

血液透析にかかる費用

血液透析にかかる医療費は、1回あたり約3万円とされています。

医療助成制度を活用しない場合は、月間12回(週3回)の治療で換算すると、1ヶ月約40万円かかります。年間では約480万円かかる計算です。

腹膜透析にかかる費用

自宅で透析ができる腹膜透析には1ヶ月30〜50万円、年間360〜600万円の費用がかかります。

頻繁に通院する必要はありませんが、透析液とカテーテル代が必要です。

検査や透析治療に入る前にかかる費用

透析治療にかかる費用以外にも定期的な検査や診察、透析治療に入る前の血管の手術費用がかかります。

透析治療に入る前にかかる費用は合計で15〜30万円程度です。

透析前の手術は特定疾病療養受療制度の適用外ですが、高額医療費制度を活用すれば自己負担額が抑えられます。高額医療費制度は、所得に応じて医療費の自己負担額(1ヶ月あたり)の上限が決まる制度なので、利用する際は忘れずに申請しましょう。

透析治療に活用したい7つの医療費助成制度と申請方法

透析治療に活用できる医療費助成制度は、以下の7つです。

  • ・特定疾病療養受療制度
  • ・重度心身障害者医療助成制度
  • ・障害者自立支援医療制度
  • ・指定難病医療費助成制度
  • ・小児慢性特定疾患治療研究事業
  • ・年金制度(障害年金)
  • ・自治体ごとの障害福祉サービス

それぞれの制度の概要と対象者、申請方法を解説します。

①特定疾病療養受療制度

特定疾病療養受領制度は厚生労働省が定める特定疾病に対する医療助成制度です。透析治療が必要な慢性腎不全は特定疾病に分類されるので加入している健康保険に申請すると交付を受けられます。

交付された特定疾病療養証を提示すれば、病院で支払う自己負担額は1ヶ月最大1万円(所得によって2万円)です。

対象者は、健康保険に加入しているすべての透析患者です。申請書を記入し、担当医師の証明を受け、加入している健康保険の窓口に提出すれば申請完了です。申請窓口は加入している健康保険によって異なります。

②重度心身障害者医療費助成制度

健康保険に加入している重度障害者(身体障害者手帳1・2級)の自己負担金を助成する制度です。都道府県や市町村によって名称や助成内容、負担金限度額などが違います。

人工透析患者のほとんどが身体障害者1級の申請ができるので、該当するか自治体の障害福祉課に確認しましょう。

③障害者自立支援医療制度

身体障害者(障害者手帳取得者)が手術をした場合の自己負担額を助成する制度です。制度を利用するには自立支援医療機関の指定を受けている医療機関で受診する必要があります。また、所得によって助成を受けられない場合もあります。

対象者は身体障害者手帳を取得した方で、その障害に対する手術を受けた方です。腎不全患者の場合、人工透析や腎臓移植が該当します。

申請方法は、自治体によって異なるので住んでいる自治体の障害福祉課に確認しましょう。

④指定難病医療費助成制度

厚生労働省が定める「指定難病」の治療に対する助成制度です。

対象は指定難病に該当する方で、指定医療機関で行われた医療に限ります。

申請書を記入し、必要書類を用意(自治体によって異なる)し、住んでいる地域の保健所に提出すれば申請完了です。

⑤小児慢性特定疾患治療研究事業

長期療養が必要な子どもの医療費を助成する制度です。

対象は、慢性疾患によって長期療養が必要な18歳未満の児童です。18歳以降も治療が必要だと認められれば20歳まで延長できます。対象疾患群に慢性腎疾患が含まれているので、透析治療が必要な児童であれば活用可能です。

⑥年金制度(障害年金)

加入している年金の種類と障害の程度に応じて障害年金が支給される制度です。人工透析を行っている場合は、原則2級に認定されます。

対象は人工透析を受けている65歳未満の方です。詳しい受給要件については、日本年金機構へ問い合わせてください。

⑦自治体ごとの障害福祉サービス

身体障害者手帳を取得することで、自治体ごとのさまざまな障害福祉サービスを受けられます。サービス内容や名称は自治体によって異なるので、詳しく知りたい場合は住んでいる自治体に確認しましょう。

東京都で透析施設を探している方は東京ネフロクリニックへ

引用:東京ネフロクリニック

東京ネフロクリニックは、東京都豊島区にある人工透析・腎泌尿器科クリニックです。東京メトロ南北線「駒込駅」5番出口からすぐの場所にあるので、通いやすさも問題ありません。

合併症の抑制と患者の予後の改善が期待できる「電解水透析」を都内ではじめて導入したクリニックです。医療費助成制度を活用して質の高い最新の透析治療を受けたい方は、ぜひ東京ネフロクリニックにお問い合わせください。

pagetop