人工透析|駒込駅前にある人工透析・腎臓内科・泌尿器科なら東京ネフロクリニック

English
MENU

スタッフ募集

お問合せ

人工透析

Dialysis

人工透析
08:30~14:00
14:00~22:00

【休診日】日曜

人工透析Dialysis

人工透析治療として血液透析(HD) 、腹膜透析 (PD) の2種類があります。当院は患者さんの健康状態やニーズに合わせて、お選び頂けます。

当院の透析治療は医師、看護師、臨床工学技士、管理栄養士、医療事務員、運転手などスタッフ全員によるチーム医療を大切にしています。定期的な血液検査、レントゲン検査、心電図検査、フットケアーなどを行い、患者さんの健康管理に万全を期しています。エコー検査によりシャントの状態をチェックし、シャントのトラブルや重度の合併症がある場合は血管外科専門病院や連携総合病院などに迅速に紹介します。透析装置や透析液の純度を常にチェックしており、毎日安全に透析が行われるように管理しています。保険、助成制度、各種申請書の手続きなども事務員が分かりやすくご説明いたします。皆様が快適に、安心して透析が受けられるようにスタッフ間の連携を図っています。

日本では腎移植がまだ十分に普及していないのが現状です。そのため多くの方が透析治療を選択されています。透析治療では様々な日常生活の制限がありますが、過度な制限は健康を損ないかねません。栄養をしっかり摂って、十分に透析をして頂くことが健康維持に大切です。透析治療の主役はあくまで患者さんですので、われわれは良きサポーターでありたいと願っています。皆様が透析を受けながらも快適に日々の生活が送れるように、我々もお手伝いしたいと思います。

当クリニックの特徴

  1. 夜間透析に対応しています。
  2. 無料送迎車のご利用が可能です。
  3. 定期的なシャントエコー検査、フットケアーが受けられます。
  4. 専門医による腎移植の相談、アフターフォローが受けられます。
  5. 管理栄養士による定期的な食事指導が受けられます。
  6. Wifiを完備しています。

血液透析(HD)

血液透析
多用途透析用監視装置
DCS-200Si(日機装)

血液透析は、血管から血液を体外に取り出し、ダイアライザーと呼ばれる透析膜を介して、余分な水分や老廃物を取り除きます。その後、必要な物質を透析液より補充して、きれいになった血液を再び体内に戻します。
血液透析は1回あたり3〜5時間程度、週3回を標準とした治療を行います。
当院では、日機装の最新の機械を導入し、患者さん個人に合った最良の治療を提供しております。

夜間透析

お仕事をされている方などは昼間に透析を受けることが難しい方もいらっしゃいます。月・水・金曜は18:00までに入室して頂ければ、夜間透析が受けられます。JR山手線、東京メトロ南北線の駒込駅から近く、コインパーキングも隣接していますので、アクセスが便利です。

長時間透析

当院では健康を考慮して長時間透析を推進しています。6時間透析も可能ですので、是非ご利用下さい。

血液透析
超音波画像診断装置 FC1
(FUJIFILM)

旅行透析

お仕事などの都合で都内にお越しの際は、当院でも旅行透析が受けられます。現在通われている透析施設にご連絡していただき、当院宛てにFAXで診療情報提供書を送ってもらってください。

夜間透析

お仕事をされている方などは昼間に透析を受けることが難しい方もいらっしゃいます。月・水・金曜は18:00までに入室して頂ければ、夜間透析が受けられます。JR山手線、東京メトロ南北線の駒込駅から近く、コインパーキングも隣接していますので、アクセスが便利です。

シャントの管理

血液透析を行うために、手術によって動脈と静脈を繋いでできた血管をシャントと呼びます。シャントは、血液透析を行うための生命線です。

シャントを長く使用すると、閉塞や感染症などの合併症を起こすことがあります。

  • シャント側の腕で重い物を長時間もたない
  • シャントを圧迫しない
  • シャント部位を清潔に保つ

といった注意を払い、自分のシャントを長く使えるように心がけることが大切です。
当院では最新の血管専用の超音波診断装置を使って、シャントの血管や血流の状態を観察しています。

血液濾過透析
(オンラインHDF)

多人数用透析液供給装置
DAB-200Si(日機装)

最新の透析液供給装置により、
患者様へ安全に良質な超純水を
供給できます。

血液濾過透析は血液透析に“濾過”を加えた治療法です。透析液をそのまま血液中に補液し、“拡散+濾過”の原理により老廃物を除去します。 オンラインHDFは大量に補液することができるシステムです。オンラインHDFは通常の血液濾過透析よりも効率的に濾過をすることができるため、より多くの老廃物を取り除くことができます。
血液透析と同様に、当院ではオンラインHDFによる夜間透析、長時間透析、旅行透析が可能です。

オンラインHDFの利点

  • アミロイドーシスの予防
  • レストレスレッグ症候群の予防
  • 血圧が安定する
  • 貧血の改善
  • 食欲の改善
  • 長期的な予後の改善
透析液の水質

オンラインHDFでは、透析に使用している透析液を直接血液に注入します。透析液を補液に使用できるのは、厳重な透析液の水質管理をしている施設だけです。日本透析医学会において、オンラインHDF補液の厳しい規定がありますが、当院ではそれをクリアしています。安全な透析治療の運用のために、臨床工学技士が毎月透析液の水質を検査し、“ウルトラピュア”の状態を維持しています。

多人数用透析液供給装置
DAB-200Si(日機装)

最新の透析液供給装置により、患者様へ安全に良質な超純水を供給できます。

腹膜透析(PD)

腹膜透析(Peritoneal Dialysis; PD)は、ご自分の腹膜を透析膜の代わりに使用する腎代替療法です。
腹膜で囲まれた腹腔内を透析液で一定時間満たすと、腹膜を介して血液中の老廃物や余分な水分などが腹腔内の透析液側に移動します。その後、透析液を体外に取り出すことで、血液が浄化されます。

日本では、腹膜透析を行っている患者さんの割合は少ないです。しかし、残腎機能を長持ちさせたり、自分の生活スタイルに合わせて透析ができるというメリットがあります。ただし、長期間使用による腹膜機能の低下や腹膜炎の合併症のリスクもあるため、定期的なメンテナンスや検査が大切です。
当院ではレントゲン検査や血液検査、感染症に対する治療や栄養指導も受けられます。腹膜透析の導入病院との連携を密に行い、トラブルの早期発見と治療に努めています。

当院の自主機能評価指標の公開

2021年2月

治療指標 %
腎性貧血管理(Hb 10.0g/dl以上の比率) 87.5
P管理(P 6.0mg/dl以下の比率) 70.0
PTH管理(iPTH 240pg/ml以下、あるいはwhole PTH150pg/ml以下の比率) 70.0
透析時間(4時間以上の患者の比率) 87.5
透析時間(5時間以上の患者の比率) 15.0
透析時間(6時間以上の患者の比率) 0.0
透析量(Kt/V 1.2以上の比率) 82.5
pagetop